弁護士に相談しよう!借金に悩んでいる人の為の債務整理

債務整理の特徴

債務整理には、弁護士に依頼して手続きすれば、今まで催促されていた取り立てがなくなり、借金の額が減らせる、もしくはゼロにできるという特徴があります。借金で生活がままならない状態になった人を救済するための制度となっています。

債務整理と任意整理の違い

債務整理とは

債務整理はキャッシングやクレジットカードのローンなどいわゆる借金問題で返済不能になったときに、弁護士に依頼して、これらを減額もしくはゼロにするための法的な手段のことを言います。大きく分けると、任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法が挙げられます。

任意整理は債務整理の方法の1つ

任意整理とは、裁判をすることなく、借金問題を解決するための債務整理の方法の1つです。弁護士と債権者の交渉によって、無理のない計画で返済額を決定します。長きにわたる返済があった場合には、借金がゼロになったり、過払い分が戻ってくることもあります。

弁護士に相談しよう!借金に悩んでいる人の為の債務整理

本を持つ人

債務整理の依頼方法

債務整理は自分で債務整理が得意な弁護士を探すという方法と、国が運営している法的機関に相談、依頼するという方法の2つがあります。相談だけなら民間の法律事務所も無料で行っているケースが多いので、まずは電話相談を利用してみましょう。

男女

債務整理の流れ

電話などで相談後、依頼したいと思ったら事務所に出向いて弁護士との契約を結び、弁護士が受任通知を行えば、取り立てが止まります。依頼者がしなければならない手続きはありません。その後は、弁護士と債権者の交渉が成立するのを待つだけです。

弁護士に相談する際に準備しておくもの

債務整理の相談を弁護士にするときには、身分証やクレジットカード、過去に借りた借金の内容が分かる書類、収入状況が分かる書類、住民票、印鑑と通帳などが必要になります。相談する弁護士によって多少の違いはありますが、すべてを揃えておけば素早く手続きに入ることができます。
債務整理は金額が大きくなるほどリスクも大きくなるため、早めの行動が功を奏します。費用が心配な方には、生活の再建に負担にならないように分割払いができるシステムもあるので、お金の心配はいりません。一人で悩むよりも、まずは専門家に相談してみましょう。

広告募集中